道場主プロフィール

はじめまして、「日本の男性を元気にする!」メンズエナジートレーナーの中田敬之(なかたたかし)です。

整体・セルフケア『フィジカルマネジメント太陽堂』の代表をしている柔道整復師(国家資格)です。

私は、31~39歳までの8年間、ED薬などの巷にある「ED改善によいこと」を行うも改善しないEDで悩んだ経験があります。

また、

・おならをしようとすると、うんちも出てしまう「便漏れ」

・おしっこをしっかり切ったはずなのに、パンツに戻すとパンツや太ももが濡れる「尿切れの悪さ」

・EDにより婚約者と別れ、EDを改善することばかり考えた結果、発症した「セックス依存性」

でも悩んだ経験があります。

私は、8年間悩んだこれらの症状を、勃起の筋肉「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」をトレーニングすることで、

ED→7日

尿漏れ、便漏れ→2か月

で改善させることができました。

私が悩みを改善できた「骨盤底筋群」をトレーニングをオンラインで指導しています。

●EDの原因

私は、23歳の時に腰のヘルニアで3か月入院、手術を経験しました。

入院時のトイレ習慣『便意がくるまでふんばる』※

※トイレまで車椅子でいく間に移動中の痛みで便意が喪失するため。

ことにより、肛門から体液が出る「脱肛(だっこう)」になり、おならをしようとすると、うんちも一緒に出るようになってしまいました。

※脱肛とは、肛門から腸の粘膜が出ること。

引用 https://www.google.com/amp/s/fdoc.jp/byouki-scope/disease/anal-prolapse/amp/

『骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)』とは、肛門のまわりにある12個の細かい筋肉群です。

・勃起時におちんちんに血液を保持する筋肉(坐骨海綿体筋)

・おちんちんの中にある、精液やおしっこをだす筋肉(球海綿体筋)

などがふくまれています。

私は、

・スクワットなど普通の筋トレでは鍛えられない「骨盤底筋群」のトレーニング

・食事や生活習慣を見直し「男性ホルモン(テストステロン)」が分泌されやすい体づくり

を『勃起力改善メソッド』として、お伝えしてます。

これは、ED薬や精力剤などのように、「血流を増加させる」のとは違うアプローチです。

「増えた血流をしっかり維持できるようにする」今までにないアプローチです。

※EDになっていない方には勃起力の底上げになります。

あるED専門外来のクリニックの記事によれば、外来患者の3割が20~30代の若い方とあります。

・和式トイレ→洋式トイレなどしゃがまなくなった生活習慣

・便利になり体を使わなくなったために起こる下半身の筋力の低下

それにより、勃起時にも働く『骨盤底筋群』が低下して、若い年代からEDになる方が今後更に増えてくると思います。

まだまだ「骨盤底筋群」の筋力低下によるEDは、注目されていません。

『骨盤底筋群』の低下により発生したEDの改善法を伝えることができるのは、体験してきた私しかできないと思っています。

『日本の男性を元気にする』

日本でただ一人のメンズエナジートレーナーとして私に与えられたミッションだと思っています。

2020年8月~

ホルモンの専門家、泌尿器科の先生と連携させていただくことになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク