体幹と勃起の関係

こんにちは、道場主の中田です。

インナーユニットって言葉はご存知でしょうか?

インナーユニットとは

胃や腸といった内臓がある部分(いわゆる「おなか」)を「腹腔」といいます。その「腹腔」の前後左右を支える筋肉をインナーユニットといいます。

※これは、JCCA(日本コアコンディショニング協会)の定義です。

腹腔は、心臓や肺のように骨で守られてません。

この腹腔を支えるインナーユニットの筋肉は、以下の4つとされてます。

・横隔膜(呼吸するときの筋肉、腹腔の上の部分)

・腹横筋(コルセットのように左右からおなかを囲む筋肉)

腹横筋
こんにちは道場主の中田です。 今日は勃起に役立つ筋肉、腹横筋のおはなしです。 腹横筋とは 腹横筋ってあまり聞いたことがない筋肉...

・多裂筋(背骨と背骨をつないでいる動作をするときに、最初に動くインナーマッスル)

・骨盤底筋群(おまたのところで内臓を支える筋肉)

多裂筋
こんにちは、道場主の中田です。 今日は、腹腔を囲むインナーユニットの1つである多裂筋の話です。 多裂筋って耳慣れない名前ですね。...

骨盤底筋群は、勃起に関係する筋肉ですね。

骨盤底筋群
こんにちは、道場主の中田です。 骨盤底筋群ってご存知ですか? 獅子座流星群ではありません。黄昏流星群でもありませ...

これらのインナーユニットは、呼吸時に協動して働き、腹腔内の圧力の調節をします。

皆さんはこの動きを無意識にやってます。

意識して大きく呼吸(腹式呼吸)をすると骨盤底筋群も動く

して大きな呼吸をすると、骨盤底筋群も強制的に動きます。

これはどういうことかというと、

インナーユニットを構成する4つの筋肉は、交感神経により無意識に動きます。

ただ、横隔膜は自分で意識して動かすことができます!

意識して大きな呼吸をすることもできますよね。深呼吸をしたり、15数えながら息を吸ったり吐いたりしたり。

インナーユニットの筋肉は、横隔膜の動きにあわせて、他の筋肉も動く性質があります。

横隔膜の動きが大きくなれば、連動して動く骨盤底筋群の動きも大きくなります。

骨盤底筋群が大きく動くことで、ストレッチ効果により血行がよくなると考えられます。

腹式呼吸をすると、インナーユニットの働きによりお腹ひきしめの効果もあり、一石二鳥です。

ちなみに

体幹とは、

体幹の定義は、2つあります。

・両手両足を除いた胴体部分のこと(広義)

・腹腔を支える4つの筋群によるインナーユニットのこと(狭義)

体幹トレーニングなどと普段いうときには、狭義の意味で使われていることが多いです。

体幹”や“インナーユニット”という言葉の定義は、(一財)日本コアコンディショニング協会(JCCA)のものを使っています。

体幹(インナーユニット)を構成する筋肉に骨盤底筋群があるので、体幹(インナーユニット)を鍛えることで勃起力を向上させることができますね。

私の勃起力改善メソッドのトレーニングの仕方もこの仕組みを利用して行っています。

勃起力改善メソッドについては、コチラをどうぞ。

勃起力改善メソッドレッスン
1日たった3分の簡単な運動をするだけでED薬を飲んでも効果がなく8年間続いた中折れが、わずか7日間でコンドーム着用で膣内射精まで成功した方法...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする